肌の様子を見ながら

皮膚科をお勧めします

黒髪の女性

肌の様子を見ながら安心した美白を行うには皮膚科への通院での処置をお勧めします。 シミが出来始めたり、日焼けがなかなか落ち着かなくなってきた場合でも医療機関だと相談にのってもらいながらの処置を行う事が出来ます。 皮膚科や美容皮膚科に通院しての美白を行う場合、最も重点的に処置を行いたいポイントを絞り込んでから顔全体の美白の処置を考えましょう。 最初に今の肌の状態がどのようになっているのかの検査と、アレルギーの有無をはじめとした体の状態の確認と肌にダメージを与えている習慣などを問診によって絞り込みます。 一通りの問診と検査が終わって肌全体の状態が把握出来たら、その後の美白の為の治療の方法を決めてゆく事になります。

通院での美白処置は

最も重点的に美白を行いたいポイントの肌の状態によっては基本となる外用薬による肌表面の治療と内服薬による治療の他に、さらにレーザー治療やピーリングをはじめとしたピンポイントの治療を行う事もあります。 色素沈着が目立つポイントで、外用薬の治療だと時間がかかる場合は治療方法を併用して美白効果を上げるねらいがあります。 美白の為の基本的な治療は肌表面のダメージとその予防を外用薬での対応で行います。内服薬は美白に効果が高いビタミン類の補給と、肌ターンオーバーにあわせて土台となる栄養分の補給を行います。 この2本柱の治療を行いつつ、基礎化粧品や紫外線対策について相談対応も行って日常生活でも治療の補助的な行動を起こします。 この方法は定期的な検診と継続的な治療でさらに美白の効果をあげる事が出来ます。